枯れない仏花とプリザーブドフラワー仏花の注意点

夏場や、長期の旅行などで
お供えのお花が枯れてしまう心配があるとき

または、高齢者の一人暮らし
お仕事が忙しく、お花の買い替え時間がとりづらい場合

枯れない仏花をお供えされる方がいま、増えています。

:::

アーティフィシャルフラワーや、プリザーブドフラワーの仏花は
生花と見間違うような美しさで、枯れることなく

常に綺麗なお花の状態を保つことができるので
実際にご利用いただいている方に喜ばれています

 

ここ数年で、お供花の人気が高く
美しい大輪の菊など、和花が続々と登場して本当に綺麗です。

::::

お線香の変わりに、ご利用いただく方も多く
先方様からも、喜んでいただけるそうです。

 

そこで
プリザーブドフラワーを、より長く楽しんでいただけるように

お取り扱いについて

ご説明させていただきます

↓↓↓

生花を加工したプリザーブドフラワーは

数年間、美しい状態を保つことができますが

特に注意していただきたいのは

 

☑直射日光が当たる場所を避ける。
*色あせの原因になります

☑蝋燭の火などの火気の近くを避ける。
*火の原因になりますのでご注意ください

☑エアコンの風を直接当てない。
*花びらの先など、ひび割れの原因になります。

☑湿度の高い場所を避ける。
*プリザーブドフラワー溶液の液だれ原因になります。

:::

我が家では、四季に合わせて

お花の種類や色を変えるなどして、常に美しい状態のお花をお供えしています。

ご予算に合わせて仏花オーダー&配送もいただけます

オンラインショッピングはこちら

関連記事

  1. お花の先生から最近、よくお聞きする写真のお悩み
  2. クリスマスリースやお正月飾り制作の便利グッズは
  3. クリスマスのベル(鈴)の意味は・・・
  4. ハロウィンをセンスアップする方法は・・・
  5. 今年は、原種の球根が人気ですね
  6. ジューンブライド 知っておきたいブーケとブートニアの由来
  7. ハロウィンのアレンジでお花の色合わせに悩んだら・・
  8. アーティフィシャル+ドライフラワーの嬉しい効果
PAGE TOP