フラワー教室編:「いつも同じ花写真ばかりで、かわり映えしない」と悩む講師さんへ

お花の教室をされている先生方は
レッスン後に、生徒様のお花を撮影する機会がよくあると思います。

 

その後、撮影したお花写真は
インスタグラムやブログにアップしたり、
ホームページでご紹介されると思いますが

 

しかし・・・
お花ばかりで、いつも同じような写真に
なりがちだわ~ と
感じたことはありませんか。

 

**

そこで、生徒様にも喜んでいただける
嬉しい解決方法をご紹介します。

それは

時々、受講生さまに
出来上がったお花作品を、持っていただいて
一緒に撮影に参加していただくこと。

 

こちらはリッチェスタジオの
インスタグラムですが

お花写真が続いたときに、このように
スパイスとして、時々手元の写真をポストします。

 

実際は、顔を出すのはちょっと~!
というケースもあるかと思います。

そこで

撮影協力していただける
3つの方法をお伝えします。

 

①顔ではなく、口元ギリギリか首元まで入れて撮影。

②お花の作品と手元だけ撮影。

③後ろ姿とお花作品を撮影。

 

こちらの写真は、ミモザのリース作品ができあがった!
という瞬間の写真です。

手元からも、嬉しそうな感じが表現できるとイイですね^^

 

 

こちらは、ミモザのリースを
ドアに飾るシーン。

作品を作るところから
完成までがストーリー仕立てになっていると
臨場感も湧きますよ^^

 

その場合、手元でも受講生様の可愛いさを
100%ひきだして撮影してみてくださいね^^

 

***

受講生さまが今までにない
「はい!チーズ♡」ではない写真を
喜んでくださることもありますので、ご協力いただいてみてください♡


今回は、受講生さま3名さまに撮影ご協力いただきました
ありがとうございます。

***

写真の撮影方法や作品の魅せ方、教室ブランディングを
本気で、学びたい方はコチラから↓↓
講師2名でのサポート体制です

関連記事

  1. フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<配置編>
  2. ママ編:卒業、入学シーズンに必須の「コサージュ」の意味や由来。素…
  3. ハロウィンをセンスアップする方法は・・・
  4. お花の先生から最近、よくお聞きする写真のお悩み
  5. フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<季節編>
  6. クリスマスのオーナメントDIY&活用法とシナモンを飾る理由
  7. クリスマスのベル(鈴)の意味は・・・
  8. 今年は、原種の球根が人気ですね
PAGE TOP