お花の先生から最近、よくお聞きする写真のお悩み

生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーの

お花の教室が多く存在する中

私も含めて、お花の先生は

生徒さんの、喜ぶ顔を思い浮かべながら、フラワーアレンジメントを

試行錯誤してデザインしているはず♡

:::

こうして生まれた作品は、

お花のある暮らしをイメージできるように撮影して

ホームページや、インスタグラム、ブログなどで生徒さんにお伝えしたいですよね^^

 

ところが、、、

「写真がイマイチで、、、作品を見た生徒さんが

こんなに可愛い作品だったんですか~?って言われるんです」

って、口を揃えておっしゃいます。

***

可愛い作品というのが、作った本人にしかわからず

自分以外の全員に、可愛くないと思われてる・・・・ってことですよね(^_^;)

 

私も経験者です(^_^;)

 

 

最近、ディプロマ取得コースをスタートされる皆さんに必ず

一番最初にお話する3原則があります♡

 

それは、

①お花の品質へのこだわり

②デザインの引き出し

③作品を見せる力(写真)

とお伝えしています^^

お花のデザインの引き出しは基礎から、

写真撮影のテクニックは、理論(原則)^^

 

そしてどちらも、数稽古が必須!

 

直感的や感覚的より

基礎があるからこそできる、その先の応用。

 

 

余談ですが・・

バルセロナで、ピカソ美術館を訪れたとき、

とんでもない数の幼少期からのデッサンが飾られていました。

お父さんは、美術の先生だったと記憶していますが、小さい頃から

基本のデッサンを練習し続けたそうです。

 

あの奇想天外な絵との、あまりのギャップに驚きましたが

やはり基礎があるからこそ、アーティスティックな絵も

人に感動を与えることができる。

と、妙に納得しました^^

お花も写真も基礎を身につけて

数をこなし、真面目に向き合うことで

身体の中に感覚として、落とし込まれていくのではないかと思います^^

 

お花は季節があるので、その変化に合わせて繰り返しアレンジ。

フォト撮影も同じで、フラワーフォト講座の初級2日間は、

カメラの基本機能を学び、

季節のお花を楽しく実践撮影。

 

暗い、ぶれる、どこからとったら可愛いかわからない・・・に

講師の高山先生と私の2人で、納得いくまでお付き合いします♡

 

これは、知識を実践で落とし込む作業です^^

 

中級では、そのお花をどのように暮らしのシーンで使えるかを

1枚の写真の中で表現♡

どうしてこの並びなのか、なぜこの小物が必要なのか。

この素材感。この色を入れる理由は。など徹底した理論と、資料で基礎を固めます。

 

その後はやっぱり!

お花も写真も、その基礎をもとに数を重ねる作業。

 

ステキな作品を、生徒様に的確にお伝えする。

お花も、写真も今よりももっと魅力的に変わることができるなら、

同じ予算でも、一日でも早く習得して

その後の教室運営や人生に長くいかしたほうがお得♡

一番回り道なようで、近道な気がしますღ˘◡˘ற♡.。oO

 

お花とともに、ステキな毎日をお過ごし下さい♡

リッチェスタジオ 伊藤桂子でした。

関連記事

  1. クリスマスリースやお正月飾り制作の便利グッズは
  2. アーティフィシャル+ドライフラワーの嬉しい効果
  3. クリスマスのオーナメントDIY&活用法とシナモンを飾る理由
  4. フラワー作品、雑貨、フードフォトに、おすすめのカメラは
  5. ハロウィンのアレンジでお花の色合わせに悩んだら・・
  6. 今年は、原種の球根が人気ですね
  7. お花の色選びとプリザーブドフラワー仏花の注意点
PAGE TOP