フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<配置編>

 

③お花は写真のどこに配置したらいいの?

やっぱりお花が主役だからセンター!!?

センターもOKです。

でも

フラワースタイリングを考えると
写真の右か左にお花を少しずらすといいことがあります。

 

例えば

瑞々しい夏のグリーンアレンジ

このデザインや配色の場合は
グリーンのグラデーションで
どんな花材を使っているのかを見せたかったので

しっかりドアップ!センターに持ってきて
ディテールを見せることを目的にしています。

 

では、こちらは

フラワーフォト中級レッスンでの
課題スタイリングを例にお伝えさせていただきます。

メインのお花を、少し右に配置していますね。

 

左側に空間ができたことで
お茶のシーンが作りやすくなり

カップやタルトケーキなどの小物を配置して
さらにはパンプキンをぼかして入れることで
ハロウィンシーズンで、お茶の時間。

・・・という場面を作り込みされています。

 

こんな感じで目的に合わせて
配置の使い分けをしてみてくださいね。

 

フラワー作品やフラワーギフトを
綺麗!おしゃれ!に撮影
たくさんのお花とフードに囲まれる至福の時間

一眼レフ、ミラーレスでのフラワーフォト講座
↓↓↓

 

今ある、スマホとフラワーデザインの知識で
フラワーに特化した
スタイリング、スマホ撮影、インスタグラム集客で

ストッピング効果のある写真を撮影

「フラワースマホ 魅せるブランディング講座」
↓↓↓

 

関連記事

  1. ママ編:卒業、入学シーズンに必須の「コサージュ」の意味や由来。素…
  2. フラワーアレンジメント、FOOD、雑貨撮影におすすめの三脚
  3. クリスマスのオーナメントDIY&活用法とシナモンを飾る理由
  4. フラワー教室編:「いつも同じ花写真ばかりで、かわり映えしない」と…
  5. お花の先生から最近、よくお聞きする写真のお悩み
  6. アーティフィシャル+ドライフラワーの嬉しい効果
  7. クリスマスのベル(鈴)の意味は・・・
  8. ジューンブライド 知っておきたいブーケとブートニアの由来
PAGE TOP