協会講師の花のある暮らし

教室名  アッコスタイル
講師名 小串 麻規子


Q:フラワー講師になるまでのストーリー
リッチェスタジオで生花を学ぶ前は、違うスクールで学んでいました。
その後ご縁があり、リッチェスタジオ生花趣味コースでお花を楽しむ生活がスタートしました。
月1回の私の楽しみな時間でした。
ずっと生花を学んでいましたが、
アーティフィシャルフラワーディプロマ取得後、プロフェッショナルコースに進みました。
与えられた花材で作ることも勉強になりますが
お花を自分で選び、デザインし、作ることを学びたかったからです。

学んだ後は、私のあか抜けない作品が魔法にかかったように変わりました。
はじめは、すぐに講師になる事は考えていませんでした。
しかし、平日はOLをしていますが、その仕事時間以外の場所で
お花に関わっていきたいという気持ちはずっとありました。

また、学ぶ事(インプットすること)ばかりで、それを活かす場所がなければ成長しないのでは?
と思って思い切って講師になろうと決めました。
まだ駆け出しの講師で、経験も浅いですが実践してみてわかる楽しさや難しさもあります。
それも経験と思い、お花で笑顔になるようなレッスンを模索しながら、活動しています。

Q:今どんなレッスンをしていますか?
フラワースマホ魅せるブランディング講座
アーティフィシャルフラワー体験レッスン

Q:リッチェスタジオで受講する前はどんなことで悩んでいましたか?
自分でデザインして作品を作りたいと思っていましたが、花選び、色選びや組み合わせ方、
季節感の取入れ方がわかりませんでした。

Q:受講した結果、どんな成果が得られましたか?
・花の選び方
・色選びや組み合わせ方
・お花を受け取る人の気持ちを考えること
・プロ意識を持つこと
・人を思いやること

Q:リッチェスタジオで学んで何がよかったですか?
お花の技術はもちろんですが、人とお花に誠実に向き合う協会の講師の方々や
同じ教室で学ぶ生徒さんと触れ合うことで
技術以外の人間性の面で成長ができて良かったと思っています。

Q:現状の講師実績を教えて下さい。
雑誌「ベストフラワーアレンジメント」に作品掲載

Q:これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

リッチェスタジオで一緒にお花を楽しみましょう!

Q:どんな方におススメですか?
・お花のプロを目指す方
・お花のトレンドを知りたい方

インスタグラムはコチラ

ブログはコチラ

講師詳細はこちら

おすすめ記事

  1. ネットショップ向け商品撮影の方法① フラワーギフトのサイズは?
  2. お花、雑貨、FOOD撮影におすすめのカメラとレンズは・・・

関連記事

  1. 協会講師の花のある暮らし
  2. 協会講師の花のある暮らし
  3. 協会講師の花のある暮らし
  4. 協会講師の花のある暮らし
  5. 協会講師の花のある暮らし
  6. 協会講師の花のある暮らし
  7. 協会講師の花のある暮らし
PAGE TOP