協会講師の花のある暮らし

教室名 ローズヴェール
講師名 山田恭子


Q:フラワー講師になるまでのストーリー
「講師としての私、自分が好きになれたこと、自信が持てたこと」
お花やグリーンが好きで、仕事柄インテリアの融合や飾り方など
講師となる以前は、好きなこと中心でゆるく学ばせていただける場もありました。
お花好きでしょ!と友人の勧めでプリザーブドフラワーに挑戦、
自分で作って枯れない、作ってみてとても楽しく、
お花が好きな気持ちから、ギフトとしてプレゼントして喜んでもらいたい、
インテリアに合うものを作って飾りたい、その思いがとても強くなりました。
とにかくディプロマを取得して作品をいっぱい作りたいと思い、
プリザーブドフラワーを習った協会をリサーチ、
そこで理事長であるリッチェスタジオ伊藤桂子先生の作品に魅了され
「リッチェで学んでみたい!」とぬるま湯だった私が沸騰した瞬間でした^^
2008年10月プリザーブドフラワーディプロマスタート、
生け花オンリーだった私でしたのでとても頭でっかちでなかなか上手になれず、
作品を作っても思った作品ができず悩む毎日…。(今思えば素直な気持ちが大切でした(^^;)
その中で2009年1月ディプロマ取得後、プロコーススタート、2010年6月プロコース合格、
2010年8月から講師として新たなスタートをさせていただきました。
ディプロマ試験の時にお隣で楽しそうに生花を習っていらっしゃっる生徒様、
そしてお花がとても素敵♡…
もちろん!生花のコーディネーター養成コースに迷わず進みました。
プリザ、アート、そして生花のお花の良さを引き出す伊藤桂子先生レッスンは、
自分のデザインで作品が作れる、デザインを構築する力をいただきました。
自分に自信を持つことができることで、私らしい作品を作ることができました。
ベストフラワーアレンジメントの作品掲載をさせていただいてさらに自分の作品を磨く場をいただきました。
当初講師としてやっていく不安も好きなお花をお伝えすることで、
逆に私ってこんなにおしゃべりだった?と思うくらい
お花のことなら一日中お話しできるくらい成長できました。
伊藤桂子先生と出会えて、お花を学ぶ以上の学びをいただき続けています、そして何より
講師の先生方との交流などお花を通して共通の志がある皆さんとの新たな出会い、そして
講師としてスタートしなければ出会えなかった生徒様、お客様は、私の人生においてもと
ても頑張れる糧となっています。
お花を通じて多くの出会いと笑顔に出会えることに感謝をし、そのことを励みに教室をさ
せていただきたいと思います。

Q:今どんなレッスンをしていますか?
アーティフィシャルフラワーを中心に趣味コース、ウェディングレッスン、
リッチェディプロマ取得コースを生徒様のご都合に合わせてレッスンしています。

Q:リッチェスタジオで受講する前はどんなことで悩んでいましたか?
講師としてやっていくことの不安が大きかったのですが、プロコース受講と伊藤先生をはじめ先生方の手厚いご指導と
実際経験を積みその楽しさが重なるごとにその不安は解消され、講師として自信がつきました。

Q:受講した結果、どんな成果が得られましたか?
ホームページやブログをご覧いただいてのご受講や教室開校後5年以上たった時くらいから「作品が好きです」
受講につながるお問合せが増えたことが、さらなる自信につながりデザインの力もついてきたと思います。
特に生花ディプロマ取得が転機となりました。

Q:リッチェスタジオで学んで何がよかったですか?
自身の作品を生み出す楽しさや実感できたこと、教える楽しさがわかったこと。
お花が好きからつながるご縁でいろいろなつながりができたこと、お花を通して人生が変わったと思います。

Q:現状の講師実績を教えて下さい。

1位:10年の講師経歴の中でプリザーブド、アーティフィシャルのディプロマ生さんを
多く輩出させていただくことができたこと。

2位:ブライダルディプロマやプロコースへ進まれ講師としてご活躍される生徒様のお手伝いもできたこと。

3位:大人数でのレッスンのお声もかけていただけたこと。


4位:カルチャー、イベントでお声をかけていただいたこと。

Q:これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。
お花が好きから始まる素敵な人生があります。
今まで気づかなかった自分に出会えたり、共通の輪の中では楽しいことがたくさんです。
思い切って一歩踏み出すって大切です!お花を通して楽し時間をご一緒でできたら幸いです。

Q:どんな方におススメですか?

お花が好き!な20代から50代くらいの女性が集まる教室です。
当サロンはモデルハウス内にあるので、非日常な場所でもありそんな空間を楽しみにお越ししいただく方もいらっしゃいます。
紅茶やテーブルコーディネート歴もあるので、レッスン後はささやかですがおもてなしの時間も楽しんでください。

ホームページはこちら

インスタグラムはこちら

ブログはこちら

講師詳細はこちら

おすすめ記事

  1. お花、雑貨、FOOD撮影におすすめのカメラとレンズは・・・
  2. ネットショップ向け商品撮影の方法① フラワーギフトのサイズは?

関連記事

  1. 協会講師の花のある暮らし
  2. 協会講師の花のある暮らし
  3. 協会講師の花のある暮らし
  4. 協会講師の花のある暮らし
  5. 協会講師の花のある暮らし
  6. 協会講師の花のある暮らし
  7. 協会講師の花のある暮らし
PAGE TOP