1. フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<配置編>

    ③お花は写真のどこに配置したらいいの?やっぱりお花が主役だからセンター!!?センターもOKです。でもフラワースタイリングを考えると写真の右か左にお花を少しずらすといいことがあります。例えば瑞々しい夏のグリーンアレンジこのデザイン…

  2. フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<季節編>

    ②お花の季節に合わせた雑貨のセレクト方法は?可愛いお花をプレゼントされたりワークショップで作ったフラワーアレンジメントを「おしゃれに撮影してインスタグラムにUPしたい。」でも、せっかくの可愛いお花の魅力が写真になると半減。いや~、、まったく別物になってる(…

  3. フラワーフォトのお悩み5STEPにお答えします<色選び編>

    お花の教室の先生も、今は写真が撮れてスタートラインの時代。フラワー撮影の際に、ただお花を撮影するだけというよりお花のあるライフスタイル感が垣間見えたほうがなるほど~お花を飾ると、こんな暮らしになるのね。と共感を生むことができます。そこでお花のスタイリングが重要…

  4. ママ編:卒業、入学シーズンに必須の「コサージュ」の意味や由来。素敵なのが見つからないんです・・というお悩みに。

    いよいよ卒業、入学シーズンの到来ですね。この季節に必要になってくるのが「コサージュ」そこで、まず「コサージュ」の意味やなぜ付けるの?にお答えします。Corsageはフランス語もともと、お祝い事にフランス女性が生花の花飾りを付けていたことが由来だそうです。そ…

  5. フラワー教室編:「いつも同じ花写真ばかりで、かわり映えしない」と悩む講師さんへ

    お花の教室をされている先生方はレッスン後に、生徒様のお花を撮影する機会がよくあると思います。その後、撮影したお花写真はインスタグラムやブログにアップしたり、ホームページでご紹介されると思いますがしかし・・・お花ばかりで、いつも同じような写真に…

  6. クリスマスのベル(鈴)の意味は・・・

    クリスマスのアイテムの一つに「ベル」(鈴)があります。「ジングルベル」のクリスマスソングでもシャン♪ シャン♪ シャン♪~ と軽やかな音色が流れてきますね。ヨーロッパ旅行中などは街中でどこからともなく教会の鐘の音が聞こえてきます・・・今日は、このク…

  7. ハロウィンをセンスアップする方法は・・・

    ハロウィンが日本でも、すっかり定着してきましたね。リッチェスタジオでも、ハロウィンレッスンは楽しみなイベントの一つとして即満席の人気レッスンになりました。ハロウィンといえば、世間一般オレンジか紫のイメージで・・・。雑貨屋さんでも、ほとんどその色で埋め尽くされていますが…

  8. ジューンブライド 知っておきたいブーケとブートニアの由来

    ブーケは、ドレスやヘアスタイルと並ぶ、お嫁さんを美しく際立ててくれる重要アイテム。そのブーケの由来をご存知ですか(^-^)ブーケは、男性が野の花を摘んで、花束をさし出しプロポーズしたことが花嫁さんが持つブーケの由来だそうです。*そして、新郎さんの胸に飾るブートニアは…

  9. 今年は、原種の球根が人気ですね

    こちらのお花はチューリップの原種「ポリクロマ」毎年、生花にも流行りがあって今年は、10cm程の背丈のチューリップの球根や、ムスカリの球根などマイクロ球根が多種類登場して、大人気です^^球根といっても親指の爪程の大きさで、背丈も10~15cmの手のひらに収まるサイズ^^…

  10. お花の先生から最近、よくお聞きする写真のお悩み

    生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーのお花の教室が多く存在する中私も含めて、お花の先生は生徒さんの、喜ぶ顔を思い浮かべながら、フラワーアレンジメントを試行錯誤してデザインしているはず♡:::こうして生まれた作品は、お花のある暮らしをイメージできるように撮…

PAGE TOP